クレジットカード現金化の換金率とは

Pocket

換金率は一番大事なポイントです。

クレジットカード現金化でお店を選ぶ基準となる換金率とは、利用者がクレジットカードを決済する金額の内利用者の元に現金がお渡しされる金額のことを言います。例えば換金率が80%のお店の場合、クレジットカードを10万円分利用すると8万円の金額が手元に残るということです。
クレジットカード現金化のサイトのホームページを見ると換金率というページがあり、その中に換金率表があるところがあります。
一般的に利用する金額によって換金率が変わってきます。1万から10万が80%、10万から20万が81%、20万から30万が82%といった感じです。換金率のほかに還元率やキャッシュバック率、買取率と違う表示をされているところもありますがほぼ同じ意味です。
またホームページの目立つところに最高95%の換金率や、業界最高98%の換金率と標示されていますが、あくまで最大限の換金率になりますので実際の換金率はお店の方で確認し入金してくれる金額まで確認してから現金化してください。そのほかに最近多いのが一律90%の換金率と書いてあるホームページです。気を付けてほしいのがクレジットカード現金化業者の中には換金率とは別に、決済手数料や送料等が発生し90%の換金率で入金してくれないところもあります。
一律90%と書いてあっても先程と同様に実際に入金される金額、さらには入金される時間まで確認してから利用してください。

Pocket

トップへ