自分で現金化するメリットとデメリット

Pocket

リスクがあるので危険性が高い

クレジットカード現金化は手数料がかかるから仕組みさえ知れば自分で現金化してより多くの現金を手にできるのではと考える方もいると思います。しかしそこにはクレジットカードが停止になる危険がありますので気を付けましょう。
クレジットカード現金化という方法は昔からあり、カード現金化のお店も2,30年前からありました。その当時はとにかく現金が必要な方がお店に駆け込んで現金化してもらってましたが、中には業者を利用しない方法で、自分で現金化する方もいました。しかし現在はクレジットカード現金化はクレジットカード会社から目を付けられているのでご自分で現金化するとすぐにクレジットカードが停止になります。
クレジットカードを自分で現金化するメリットは手数料がかからず多くの現金を手にできることです。換金率の高い新幹線の回数券を買って金券ショップに売れば90%以上の換金率買い取ってくれますので多くの現金を手にすることができます。今後クレジットカードを利用しない方や、金融機関の信用を傷つけても良い方は良いかもしれませんが、すぐにクレジットカードが停止になり、返済も一括返済になりますのでメリットはほとんどありません。

現金化は業者に任した方がリスクが無い

デメリットは先ほど書いた部分ですが、クレジットカードが利用できなくなり一括返済になるところです。クレジットカードが停止になり解約されるとショッピング枠だけでなくキャッシング枠も一括で返済を迫られます。クレジットカード会社はアコムやレイクなどの消費者金融とは違い返済を分割にしてくれたり待ってくれることもないのでかなりのリスクがありますので十分に気を付けてください。
クレジットカード現金化の情報を調べているとネットで自分でできる現金化の方法などの商材が出てきますが、利用しないことをお勧めします。クレジットカートが急に停止になり、お金が回らなくなりますよ。
クレジットカード現金化を利用する時は、クレジットカード現金化のメリットを考えたら多少の手数料がかかってもカード現金化業者で簡単に手間を変えずに、安全に利用したほうが良いでしょう。

Pocket

トップへ